マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

次世代ハンコの「電子印鑑」 ユーザー急増も法整備に課題

2020年7月17日 7:00

オンラインでの捺印が可能な「電子印鑑」とは?
オンラインでの捺印が可能な「電子印鑑」とは?

 コロナ禍でテレワークが進む中、その阻害要因として槍玉に挙げられた“ハンコ出社”。ハンコは「新しい生活様式」の敵か否か──まさに世論を二分する議論となっている。ただし、全国の有力印章店が加盟する団体、全国印章業経営者協会は「街頭インタビューの少数意見を根拠としており、極めて局部的で公平性に欠く報道」と声明を発表した。

 そんな中、次世代のハンコとして目下注目されているのが「電子印鑑」だ。パソコンやタブレット端末、スマホなどを使って、オンライン上で書類に捺印できる。

 複数の社が電子印鑑に参入しているが、業界大手のシヤチハタが提供する「パソコン決裁 Cloud」は、通常は有料のサービスをコロナ禍のため6月末まで無料開放した。3月末の時点で1万5000だったユーザー登録数は、26万以上に急増している。

「長年、ビジネスに欠かせない承認を担保する『捺印』に携わる会社として、この非常事態に何ができるかを思案しておりました。そこで1995年より取り組んでいた電子文書にも捺印ができる電子決裁サービスを、費用負担なくご利用いただき、企業活動の制約を少しでも軽減できればと考えました。想定以上の反響で、予想外に困っていた方が多かったのだなと感じました」(シヤチハタ広報室)

 個人の印面なら即日登録して利用が可能。会社の角印などは実物を紙に押して郵送が必要のため、利用開始まで10日ほどかかる。

「社内申請などの手続きを、オンラインでどこでも承認や決裁ができます。例えば上司が出張していても、スマホやタブレット端末などを使って承認できる、というものです。捺印履歴も残るので、いつどのような書類に押したのかも確認することができます」(同前)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。