マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

次世代ハンコの「電子印鑑」 ユーザー急増も法整備に課題

2020年7月17日 7:00

稟議申請書、届出書、見積・請求書、注文書などへの捺印作業を電子化したシステム
稟議申請書、届出書、見積・請求書、注文書などへの捺印作業を電子化したシステム

 社外とのやり取りでも、相手の合意があれば利用できる。ただ一方で課題も。

「法の整備が追いついていないのが問題点です。先日、“取引の契約書で押印は必ずしも必要ではない”との見解を政府が発表しましたが、ではクラウド型の電子印鑑の扱いはどうなるのかについては、まだ明らかになっていません」(同前)

 法の整備が急がれるが、アナログとデジタル、選択肢が広がることが利用者と業界の双方に良い結果をもたらしそうだ。

※週刊ポスト2020年7月24日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。