マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

吉田みく「誰にだって言い分があります」

Go Toキャンセル話から見え隠れするご近所主婦たちの面倒臭い見栄

2020年8月2日 16:00 マネーポストWEB

キャンペーンを謳う旅行会社の広告(時事通信フォト)

 7月の4連休前に前倒し実施されるも、新型コロナウイルス感染拡大により直前で「東京発着除外」が発表されるなど、迷走ぶりが目立つ「Go To トラベル」キャンペーン。フリーライターの吉田みく氏が、同キャンペーンに翻弄されたパート主婦の体験をレポートする。

 * * *
「Go To トラベルキャンペーンを利用して旅行を計画していましたが……残念です」──そう語るのは、都内在住のパート主婦・藤田さん(仮名・50代)。現在、食品会社の事務として働いている。家族構成は、夫と高校生の子供が2人。

 藤田さんは、新型コロナで打撃を受けた旅行・観光業界の活性化をサポートしたいという思いから、「Go To トラベル」を利用しての旅行を計画していた。しかし、都民は対象から外されてしまった。新型コロナウイルス感染が広がっていたこともあり、旅行はキャンセルすることに。7月23〜26日の4連休は自宅で過ごしたそうだ。

「ご近所の主婦仲間の間でもGo Toトラベルの話題が出たのですが、庶民的な私には理解しがたいというか……」(藤田さん、以下同)

 一体、どのような会話が繰り広げられたのだろうか。

「私がGo To トラベルを利用して旅行を計画していることを話した時、“え、Go To 使うの? 私は使わないなぁ〜。面倒じゃない?”と言われたんです」

 そもそも「Go To キャンペーン」は、新型コロナウイルスにより打撃を受けた観光業や旅行業などを支援するための需要喚起策で、「Go To トラベル」のほか、「Go To イート」「Go To 商店街」「Go To イベント」がある。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。