マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

本当にリッチなのは「年収1000万円世帯」か「年収300万円世帯」か

2020年7月20日 16:00

年収1000万円と300万円で暮らしはどう違う?(イメージ)
年収1000万円と300万円で暮らしはどう違う?(イメージ)

「あともう少し年収が増えたら生活が楽になるのに…」――そう嘆きたくなる気持ちはわかる。しかし、現実には、必ずしも年収が増えたからといって、生活にゆとりができるとは限らない。逆に言うと、節約の意識や、無駄を減らす努力を怠らなければ、たとえ年収が平均以下でも、1000万円世帯以上に余裕ある暮らしは可能なのだという。

 国税庁の調査(2019年)によると、会社員の平均年収は440万7000円で、そのうち女性の平均は過去最高の293万円だった。また、厚労省のデータでも、1世帯あたりの所得の中央値(2017年)が423万円となっていることから、430万円前後が平均的な家庭の年収とわかる。

 一方、国税庁によると平均年収が1000万円を超えているのは全体のたった5%しかいない。「年収1000万円」は現代の日本人にとっての「ステータス」だと、東京フィナンシャル・アドバイザーズ代表で公認会計士の能勢元さんは語る。

「女性が理想とする結婚相手の条件や、ビジネスマンの目標として『年収1000万円』は掲げられやすい金額です。しかし、現実には日本人の平均年収の2倍以上もあり、かなり稀な存在です」

“平均世帯”の庶民からすると、外車に乗り、タワーマンションに住み、海外旅行に毎年出かける「セレブ」な暮らしに憧れを抱く。しかし実際には、高収入であっても苦しい生活を送っている家庭は少なくないという。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。