マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

三越伊勢丹、社長が佐治敬三氏だったら萎縮社員に「やってみなはれ」

2020年8月11日 15:00

サントリーの二代目社長・佐治敬三氏
サントリーの二代目社長・佐治敬三氏

 サントリーというと、創業者である鳥井信治郎氏の「やってみなはれ」の精神が経営の軸だが、それを実践してきたのが佐治氏だった。

 1960年代にウイスキーブームがあり、洋酒メーカーのサントリーはウイスキーさえ売っていれば経営は安泰だったが、佐治氏は「やってみなはれ」の精神で1963年にビール事業を立ち上げた。ところが、大手3社体制のなかでなかなか軌道に乗らず、ビール事業が黒字化したのは46年後の2009年で、執念で事業を成り立たせた。

「やってみなはれ」は正確には「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」で、やってみるからこそ気づくこともあるという精神。実践主義であり、リスクを取りに行くという考え方でもある。佐治氏なら伝統を否定されつつある三越伊勢丹の社員に、この言葉をかけるだろう。

 佐治氏は大衆の心、欲求を敏感に察知することができる経営者でもあった。大衆に迎合するのではなく、本当に求めているものを察知して提示することができた。

“ダルマ”の愛称で親しまれた「オールド」はサントリーの大ヒット商品で、1970年代には寿司屋でもボトルキープされ、日本料理には日本酒という常識を覆した。当時、主流だった「角瓶」より少し上で、スコッチほどではないという絶妙な立ち位置で、大衆が豊かさを味わえる商品だったのである。

 百貨店が流通業の主流である時代は終わったが、百貨店が人々に豊かさ、贅沢さを提供する役割は変わっていない。だからこそ、人の心をつかみ、豊かさの演出ができるような人に経営を委ねることは有効な手段だと思う。

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。