マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

大量店舗閉鎖のいきなり!ステーキ もし堤清二氏が社長だったら

2020年8月10日 7:00

「いきなり!ステーキ」はなぜ行き詰まったのか(時事通信フォト)
「いきなり!ステーキ」はなぜ行き詰まったのか(時事通信フォト)

 かつての日本には「名経営者」と呼ばれる人物が多数存在した。未知のウイルスが、日本経済を支える大企業をも弱らせている中、昭和の経営者たちが現在の「窮地の有名企業」を任されたとしたら、どんな打開策を巡らすだろうか。ここでは、経済アナリストの森永卓郎氏が、「いきなり!ステーキの社長が堤清二氏だったらどうするか」考えてみた。

 * * *
「いきなり!ステーキ」(以下、いきなり)は、リーズナブルな価格でステーキを食べられるというコンセプトが大ヒットし、一時ブームになりました。その勢いに乗じて店舗を一気に拡大したが、プレミアム感が薄れ、競合他社の参入を招いて経営に行き詰まったとされます。

「いきなり」を運営するペッパーフードサービスは、「いきなり!ステーキ」と「ペッパーランチ」の国内114店舗の閉鎖と、8月末までに200人の希望退職者を募ると発表しました。

 しかし、行き詰まった本当の理由は、「お客に飽きられた」こと。業態、サービスが人々のライフスタイルに定着するまで浸透させられなかったのが原因でしょう。

 ライフスタイルに定着させるには「ストーリー」が必要です。たとえば、スターバックスの場合、確かにコーヒーは美味しいが、「スタバに通うことはおしゃれだ」とするストーリーまで生み出したことが成功の要因でしょう。

 ディズニーランドはまさにストーリーの塊で、「ミッキーの中に人は入っていない」といったストーリーにお客が共感し、共有することで成り立っていて、そうした一つ一つが積み重なって“神話”の域にまで達している。

「いきなり」にどんなストーリーを載せられるかは私にはわからないが、それができるとしたら、西武百貨店の元社長でセゾングループを作った堤清二氏だと思います。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。