マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

大量店舗閉鎖のいきなり!ステーキ もし堤清二氏が社長だったら

2020年8月10日 7:00

西武百貨店の元社長でセゾングループを作った堤清二氏(時事通信フォト)
西武百貨店の元社長でセゾングループを作った堤清二氏(時事通信フォト)

 堤氏は百貨店社員に対し、紳士売場をどうしろ、婦人服売場をどうしろとか、具体的には言わない。「ライフスタイル提案型の売場にしろ」と指示を出すのです。社員は戸惑いますが、社長の指示だから必死に考える。こうして他店とは異なる売場が生まれ、セゾングループは最盛期を迎えます。

 堤氏の“暴走”ぶりも凄く、百貨店の中にセゾン美術館をつくったり、糸井重里氏が考案した「不思議、大好き。」「おいしい生活」などのコピーを採用して、小売店なのにわけのわからないCMをどんどん出して、若者たちから共感を得てきました。

 もし堤氏が「いきなり」の指揮を執ったら、ステーキを売るのではなく、“おしゃれなライフスタイル”の舞台にしてくれるでしょう。

 堤氏は経営者でしたが、作家であり、文化人であり、アーティストだった。そのアーティストが頭に思い描いたイメージをもとに、よくわからない指示を出す。それを社員は自らで考え、提案し、実行に移す。それによって社員の意識改革が起き、スキルも上がる。従来のようにただモノを売るのではなく、ストーリーを作り上げてその情報と一緒に売るというやり方を社員が自ら学んでいけば、会社は変わっていく。

「いきなり」は商品の競争力が失われたわけではないので、ここにストーリーが加わればこれ以上店舗を減らさなくても事業を継続できるはずです。

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。