マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

パチスロ新機種が苦戦続きの中、高まる「6.1号機時代」への期待

2020年8月17日 16:00

期待の「6.1号機時代」までファンを繋ぎ止められるか(イメージ)
期待の「6.1号機時代」までファンを繋ぎ止められるか(イメージ)

 現在、パチスロの新機種としてホールに導入されているのは、「6号機」と呼ばれるものだ。それ以前の5号機時代に比べると、出玉性能が抑えられている一方、出玉が減る速度が遅いという特徴もある。つまり、比較的少ないお金で長時間遊べるものの、大勝ちする可能性が減っているのが6号機だ。パチスロ事情に詳しいフリーライターの藤井夏樹氏が説明する。

「6号機では、一連の流れで得られる最大出玉数が2400枚に制限されているだけでなく、一定ゲーム数で得られる上限出玉の規制が厳しく、基本的には緩やかな出玉となることが多い。5号機時代は、運がいいと“一撃数千枚”といった形でアクシデント的に大勝ちすることもありましたが、6号機ではそういったことがほぼ不可能です」

 そんな6号機の登場からすでに1年以上が経過しているが、パチスロファンにはあまり受け入れられていないという。

「今のパチスロではAT(アシストタイム)と呼ばれる状態に入ると出玉が増えるという機種が多いんですが、6号機の場合、このAT中に出玉が増えるゾーンと、出玉が減るゾーンが繰り返されるというパターンが多い。また、一定ゲーム数を消化しないとAT抽選が行われないという6号機も目立ちます。つまり、“いかにして出玉が増えすぎないようにするか”というゲーム性を含む6号機が多く、“大勝ち”を夢見るパチスロファンからは、なかなか支持が得られていないのが現状です」(藤井氏)

期待の6号機新機種のユーザーの評価は

 5号機時代の人気シリーズやパチンコの人気シリーズの6号機バージョンも続々登場しているが、いずれも苦戦を強いられている。パチスロファンに、率直な意見を聞いた。

 5号機時代のヒット機種『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆』(以下『絆』)を受け継ぐ、6号機の『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』(以下、『絆2』)が今年2月にホールデビューした。『絆』愛好者だったというパチスロファンAさん(30代男性)は。『絆2』についてこう話す。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。