マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

コロナで国債発行額が過去最大に 現実味増す1946年以来の「預金封鎖」

2020年8月22日 7:00

現金で預けておくと「預金封鎖」のリスクも(写真:アフロ)
現金で預けておくと「預金封鎖」のリスクも(写真:アフロ)

 新型コロナが家計を直撃する中、虎の子のキャッシュを「貯蓄」に回そうと考える人は多いだろう。そのほうが手堅くて安心というわけだ。

 しかし、経済・金融に精通した人ほど、自らの資金を株や金など「預金以外」の資産に振り分けている現実がある。何しろいまや定期預金金利は0.002%程度。100万円預けても利息は年に20円に過ぎず、雀の涙にもならない。さらに世界的な金融緩和によって貨幣の流通量が増える中、現金の価値が相対的に下がるインフレのリスクも生まれ、銀行預金に預けているままでは資産が目減りすることにもなりかねない。

 そして“預金逃亡”をし損ねた人には、思わぬ悲劇が待っている可能性がある。それが「預金封鎖」のリスクだ。

 コツコツ貯めてきた虎の子の銀行預金が、ある日突然、政府に没収される──預金封鎖は戦後間もない1946年の日本で実施された。

 戦費調達で国債を乱発し、政府の債務残高(借金)はGDP(国内総生産)比で260%に達した。財政悪化のため日本政府は金融緊急措置令を発表。預金封鎖の実施、新円への切り替えを行なった。同時に旧円を無効としたことで、国民は旧円を預金して新円を引き出すことになったが、新円の引き出し額には金額制限が設けられた。

 こうして政府は国民の資産を把握し、25~90%の財産税をかけることで、国民からカネを毟り取ったのだ。

 戦後間もない頃の話で、いくら何でも今の日本では起こり得ない──と考えるのは早計だ。

 IMF(国際通貨基金)の推計によれば、昨年の日本政府の債務残高はGDP比で237.7%と、1946年の預金封鎖直前に近い水準にある。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。