マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

治療費を減らすための「予防歯科」 歯科衛生士が3つのポイントを解説

2020年9月22日 11:00

フロスは中指に巻き付けて人差し指でテンションをかけると奥歯まで届きやすい

 歯科治療は長引くと大きなお金がかかる。生涯を通じての歯科治療費を大きく減らせる可能性があるのが、正しい知識をもとにした「予防」である。『週刊ポストGOLD 得する医療費』より、歯科衛生士の太田由美さんに「予防歯科」のポイントを解説してもらった。

【1】必ず「フロス」を使う

「歯ブラシだけでは、必ず歯間部に磨き残しがあります。だから、正しいセルフケアには、デンタルフロスや、歯間ブラシが必需品なのです」(太田さん・以下同)

 フロスで奥歯を清掃するのが難しい、という人もいるが、簡単に解決できる方法があるという。

「フロスを巻きつけるのは“中指”。そして左右の人差し指の腹で、ピンと張って歯間に入れます(写真参照)。この方法なら奥歯まで簡単に届きますよ」

 フロスは、歯肉に1~2ミリほど優しく入り込ませ、歯に巻きつけるように引き上げる。これでも難しいという人は、「Y字型」のフロスを使用してほしい。フロスには、水分を含むと膨れるタイプや、平たいテープ状のタイプなど様々な種類がある。口の状態を歯科衛生士に診てもらって、適切な道具を選ぶことが重要だ。

 歯間が開いてしまっている人は、フロスよりも歯間ブラシのほうがいい場合もある。

「歯間の幅より太い歯間ブラシを使用すると、歯肉を傷つけてしまいます。個人差がかなりあるので、歯科衛生士に適正サイズを聞いてください」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。