マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

人間ドックを安く受ける裏技 ふるさと納税活用で実質自己負担2000円も

2020年9月15日 15:00

人間ドックを安く受ける方法とは?(イラスト/河南好美)

 保険適用外の人間ドックは全額自費になるが、様々な制度を利用して安く受ける裏技がある。『週刊ポストGOLD 得する医療費』より、ファイナンシャルプランナーの小谷晴美氏が解説する。小谷氏はまず、「ふるさと納税」を知っておくべき選択肢の一つに挙げる。

「近隣でふるさと納税の返礼品として人間ドックを用意している自治体がないか、チェックしてみましょう。その自治体のクリニックで受けなければいけませんが、節税にもなり一石二鳥です」

 人間ドックをふるさと納税の返礼品にしている自治体は時期により異なるが、和歌山、愛知、静岡、福岡、千葉、埼玉などにある。

 寄附金額は3万~30万円など。1日1名限定の「プレミアム人間ドック」といった、全身を詳しく調べるコースもある。

 人間ドックは通常10万円ほどの費用がかかり、保険が適用されないので全額自費だ。それが、ふるさと納税なら住民税の控除との差し引きで“実質自己負担2000円”で受けられる。ただし、住民税の控除は、年収により上限額が決まるので注意したい。

 他にも安く人間ドックを受ける方法がある。前出・小谷氏が解説する。

「健保組合や自治体によって人間ドックの助成をしている場合があります。“差額人間ドック”と呼ばれ、市や区などからクーポンをもらえるケースがあるので、申し込む前に調べてみてください」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。