マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

名字に多く使われる漢字 植物由来のNo.1は、あの「身近な木」

2020年9月29日 11:00

植物に由来する漢字が名字に使われることは多い(この画像の中に解答がある?)

 10万とも20万ともいわれる日本の名字の秘密を、『名字でわかるあなたのルーツ』(森岡浩・著)を元に探ってみよう。日本の名字は、必ずしも歴史に残る公家や武家が発祥ではなく、むしろ少数派である。現存する最も古い庶民の名字の記録は、和歌山県紀の川市粉河の王子神社に伝わる「名つけ帳」である。室町時代の1478年から現在まで、新しく生まれた子供の名前が記帳されており、その長さは70メートルを超える。少なくとも室町時代には、庶民にも名字があったことを示している。

 一定の年齢以上の人だと、学校で「江戸時代には士農工商の身分制度があり、武士だけが名字を持っていた」と習ったのではないだろうか。それが誤解のもとになり、庶民は明治に入ってから名字を持ったと思っている人も多いが、それは間違いである。正確に言うと、江戸時代には武士だけが「名字を名乗ることを許されていた」というだけで、その時代には農村を含めてほとんどの国民に名字があった。

 さて、日本の大半を占めた農村部では、植物にまつわる名字が多い。身近な存在であり、特徴的な木などがあれば、家と家を区別するのに便利だったからだろう。

 特に、農村部には高い建物がなかったため、木は遠くからでも目立つ「標識」になった。これは余談だが、日本各地に「二階さん」という名字があるのは、二階建てがそれだけ珍しかったからである。そして、「三階さん」という名字もあるが、こちらはかなり珍しいのもうなずける。

 では、植物由来の名字で一番多く使われる字は何だろうか。ランキング16位、48位、87位、92位と、ベスト100に4つも登場する「あの身近な木」である。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。