マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

怒る時に言いがちなNGワード「いつも」「絶対」「なんで」「ちゃんと」

2020年10月2日 16:00

怒るときに言いがちなNGワード一覧
怒るときに言いがちなNGワード一覧

「なぜあの時怒ってしまったんだろう……」「あんなにイライラしなければ良かった」──さまざまなストレスが蔓延する現代において、怒りの感情をコントロールするのは至難の業。そして、自らの怒り感情の伝え方も難しい。怒りの感情と上手に付き合うためには、どんな言葉に気を付ければ良いのか。アンガーマネジメントコンサルタントの川上淳子さんが解説する。

怒りを伝える「6W3H」

 怒りを伝える際に注意したいのは、4種類の「NGワード」だという。

「【1】つい言いがちなのが、“何度も言ってるけど”“前もそうだった”という『過去を持ち出す言葉』です。相手は“なんでいまさらそんな話を持ち出すんだ”と反発し、どうしてほしいかがうまく伝わりません。

【2】また、“いつも”“絶対”という『決めつけ言葉』もよくない。“いつも服を脱ぎっぱなし”と言って怒ると、相手も感情的になり“いつもじゃない”と売り言葉に買い言葉になりかねません」(川上さん・以下同)

【3】ほかにも“なんで”“どうして”と責める言葉は、相手を追い詰めるだけで、自分のリクエストが相手に伝わらない。【4】“ちゃんと”“しっかり”といった「程度言葉」も、その塩梅が曖昧で相手との間に認識のズレが生じやすい。そのため、感情のすれ違いの原因になるそうだ。

「『相手にしてほしいこと』を充分に伝えるためには、『6W3H』を使うとよいでしょう。“いつ、どこで、誰が、誰に、何を、なぜ、どのようにするのか、どれだけするのか、いくらかかるのか”を明確にして伝えることが重要です」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。