マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

キレるのはNG!「怒りを感じてからの6秒」を乗り切る方法

2020年10月1日 16:00

怒りがこみ上げてからの「6秒」が重要(イメージ)
怒りがこみ上げてからの「6秒」が重要(イメージ)

 ビジネスの場や家庭内で、我慢しきれなくなってつい「怒り」を人にぶつけてしまった経験はないだろうか。後になって後悔することは少なくないが、一度爆発した怒りはなかなか制御しにくいもの。

 感情に任せた怒りが何倍にもなって自分に跳ね返ってくる……などということを避けるためにも、できる限り怒りを表に出さない方がいい。アンガーマネジメントコンサルタントの川上淳子さんは、怒りを感じてからの「6秒」が重要だと語る。

「怒りが生じてから理性の介入までは約6秒かかります。どんなに怒りを感じても6秒待ってほしいのです。言い返す、やり返すといった反射をしないこと。衝動をコントロールできれば瞬間的に“キレる”のを防ぐことができます」(川上さん・以下同)

「6秒」を乗り切るための秘策として、まず「感じた怒りに点数をつける」ことが有効だという。絶対に許せない強い怒りを「10」、穏やかな状態を「0」として、自分が感じている怒りは何点なのか記録を取るようにする。

「怒りを数値化することで、自分がどんなときに怒るか、客観視できるようになります。怒りの傾向がわかれば、対処法も見えてきます」

 ペンやスマホなど目の前のものを観察する、深呼吸するといったことも、6秒を乗り切る効果的な手段だという。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。