マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

怒りの正体 家事をしない在宅勤務夫に腹が立つ本当の理由は?

2020年9月28日 16:00

怒りと上手に付き合う方法は?(イメージ)
怒りと上手に付き合う方法は?(イメージ)

「あんなに怒らなければよかった」「あのとき怒っておけばよかった」──そんな“怒りの後悔”をしたことはないだろうか。もしあなたが後悔をなくす「夢の方法」を身につけていたら、事態は変わっていたかもしれない。

 会社や上司に正論をぶつけ、睨みつけ、怒鳴りまくる──大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)で胸がスカッとする思いをした人は多いはず。それは、現実の世界ではそう簡単にキレられずにグッと我慢することが多かったり、逆にこらえきれず怒りをぶちまけて、「あぁ失敗した」と後悔することが少なくないことの裏返しでもある。

 ことほどさように、「怒る」ということは難しい。

「怒りは誰もが持つ当たり前の感情ですが、ただ感情的に怒りをぶつければ、周囲からの信頼を失いかねません。一方、怒りのエネルギーを活用できればプラスにも働きます。例えばスポーツ選手は“負けて悔しい”という自分への怒りを、トレーニングのモチベーションにつなげています」

 そう話すのは、アンガーマネジメントコンサルタントの川上淳子さんだ。「アンガーマネジメント」とは、怒りの感情と上手につきあう心理トレーニングを指す。その第一歩は“怒りの正体”を見極めることだという。

「怒りの原因は相手にあると思いがちですが、実は自分の中にあります。自分が持つ“こうあるべき”という理想や願望、欲求が裏切られ、怒りが湧き上がるんです」(川上さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。