マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

2秒でイライラ? 私たちが「待ち時間」にナーバスになるワケ

2019年11月15日 7:00

日常のさまざまな動作、どのくらい待たされるとイライラする?
日常のさまざまな動作、どのくらい待たされるとイライラする?

「時は金なり」という諺があるが、昔に比べて何ごとにもスピードが求められ、忙しなくなった現代は、人が“待てる時間”にも変化が現れているかもしれない。

 シチズン『ビジネスパーソンの「待ち時間」意識調査』(2013年)では、日常に溢れる様々な“待ち時間”の許容時間が明らかになっている。別掲のリストのように、PCのインターネット表示は2秒、スマホのインターネット表示は10秒、電話の保留は30秒、歩行者信号は1分……と、その許容時間を過ぎるとイライラしてしまうのだという。

 しかしそもそも、なぜ私たちは“待つ”という時間にこうもナーバスになってしまうのか。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 睡眠・覚醒障害研究部部長の栗山健一さんが解説する。

「人間の脳は、何もしない空白の時間に危機を感じる性質を潜在的に持っている可能性があります。待つ時間は無防備であるため、“まだか、まだか”と、時間に集中している状態。加えて、社会のスピードはとても速くなっている。私たち人間はそれに適応して、24時間を濃密に使いたいという欲求があると思います。だから無防備で無駄な時間に対してイライラしやすいという事象が起きているのかもしれません」

 必要以上にイライラしないためには、もう何分だから、何時になってしまった…など、時間に神経質になりすぎないことが重要だという。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。