マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

高値更新の株式市場を待ち受ける「コロナ禍でバブル崩壊」の悪夢

2020年11月30日 7:00 マネーポストWEB

日経平均はバブル崩壊後の最高値を更新しているが、今後もその勢いは続くのか
日経平均はバブル崩壊後の最高値を更新しているが、今後もその勢いは続くのか

 米国も日本においても、新型コロナウイルスの感染拡大は一向に衰える様相は見せず、新規感染者数が過去最多を更新する日々が続いている。その一方で、株価は驚くほどの急騰を見せている。はたして今後も株価上昇局面は続くのか。経済アナリストの森永卓郎氏は、「現在の株価水準は明らかにバブルで、しかもいつ弾けてもおかしくないのではないか」と警鐘を鳴らす。

 * * *
 日米の株式市場が連日の株価上昇に沸いている。日経平均株価は2万6000円台後半に突入し、約29年6か月ぶりの高値となっている。ニューヨークダウも史上初めて3万ドルの大台に乗せるなど、その勢いは止まらないように見える。

 だが、今の株高は明らかに異常な水準ではないだろうか。株価は過去の経済情勢を反映するものではなく、半年ほど先の未来を映し出す鏡だ。しかし、実際の景気の先行きはきわめて厳しいと考えている。

 ひとつの理由は、バイデン大統領の誕生だ。トランプ大統領が派手なバラマキ政策を行なったため、米国は9月に終了した2020会計年度で330兆円もの財政赤字を出した。

 それに対して、バイデン氏は良くも悪くも「常識人」なので、引き締め策で財政バランスを回復させる方向に舵を切るだろう。バラマキを抑制し、公約した富裕層への増税も実行すると思われる。財政の緊縮は確実に景気後退の要因となるから、少なくとも短期的には米国経済の足を引っ張ることになる。

 さらに、そこに新型コロナウイルスの感染拡大がのしかかる。米国では、11月13日に新規感染者が過去最多の18万人を超え、その後も衰えを見せていない。日本でも、新規感染者が連日過去最高を更新する「第3波」の猛威が止まらない。

 ところが、そのような状況下であるにも関らず、日経平均はバブル後の最高値を連日更新し、ニューヨークダウも史上最高値をつけているのだから、どう見てもおかしな現象と言わざるを得ない。

 私は、今の株式市場は完全な鉄火場と化し、バブルを引き起こしているのだと考えている。経済動向や企業業績などは関係なく、純粋な投機で株価が形成されているのだ。

 17世紀のオランダで、チューリップの球根に対する世界初のバブルが発生した。「経済学の巨人」ジョン・ケネス・ガルブレイスによると、そのピーク時には球根1つに、「葦毛の馬2頭と馬車と馬具一式」と同じ値段がついたという。常識で考えれば、そんなことはあり得るはずがない。今の株価高騰は、まさにそれと同様の異常事態だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。