マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

悪夢の株価暴落サイン 「ヒンデンブルグ・オーメン」とは?

2017年11月29日 20:00

飛行船事故から名付けられたサインとは(イメージ。写真:アフロ)

 この四半世紀遠ざかっていた株高の到来で、これまで投資と距離を置いてきた人々の間でも資産運用熱が高まっている。もちろん、この上昇相場が続くうちは株や投資信託を持っていれば利益が膨らんでいくが、重要なのはそれをいつ売って利益を確定させるかだ。

 株式市場では順調に上昇しているように見えた相場が、ある日一転、大暴落してしまうことがある。過去もブラックマンデー(1987年)、アジア通貨危機(1997年)、サブプライム・ショック(2007年)など、10年おきに市場を揺るがす金融危機が起きており、2017年の今年も「7の年のアノマリー」通り、暴落が起こる可能性は否定できない。それでは、暴落サインはどう見極めればよいのか

 突然の暴落は投資家にとって悪夢。米国にはそんな心理を反映した「恐怖指数」と呼ばれる「VIX指数(ボラティリティ・インデックス)」という指標もある。数値が高いほど、投資家が「先行きが不透明」と感じているとされるもので、ラジオNIKKEI記者の和島英樹氏は「通常は10~20の間で推移するが、30を超えてきたら継続的にチェックして売り時を探る」と語る。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。