マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コスパ良好『焼肉ライク』実食レポ 「焼肉のファストフード化」は成功するか

2021年2月9日 15:00

『バラカルビセット』100g、530円
『バラカルビセット』100g、530円

 おひとりさまで焼肉店に行く「1人焼肉」という言葉も定着しつつある昨今、1人焼肉客をメインターゲットとするチェーン店『焼肉ライク』が話題だ。

 2018年に1号店がオープンした焼肉ライク。運営するのは株式会社ダイニングイノベーションだ。同社は、『牛角』や『しゃぶしゃぶ温野菜』を展開するレインズインターナショナルの創業者である西山知義氏が2013年に設立した企業である。外食産業に詳しいフリーライターの小浦大生氏が説明する。

「『焼肉ライク』は1人1台のロースターを使う焼肉店です。アラカルトのメニューもありますが、ご飯とスープ、キムチがついたセットメニューがメインとなっており、定食店のような感覚で利用できます。店内レイアウトは、カウンター席が基本。2021年1月時点で、全国47店舗が営業しています」

 この『焼肉ライク』の魅力を探るべく、マネーポストWEBの庶民派グルメ担当記者Aが、都内繁華街にある某店舗へ向かった。その様子をリポートする。

 * * *
 記者Aが、『焼肉ライク』に行ったのは、1月下旬の平日、お昼の12時過ぎ。緊急事態宣言発令中ではあるものの、その繁華街にはそれなりの人手があった。

 友人と2人で『焼肉ライク』に入ると、お昼時ということもあり満席で、先に1組が待っている状態だった。

 そこから約3分ほどで、2組が食事を終え、退店していった。店員も忙しそうにしていたが、新型コロナウイルス感染防止のための消毒作業だけでなく、ロースターの網の交換もあり、普通の飲食店よりも、準備に手間がかかるのかもしれない。

 先に待っていた1組はすぐにカウンター席に通されたが、記者Aと友人は10分以上待った後、2人がけのテーブル席に通された。テーブルと椅子の間隔は狭く、少し窮屈な印象。2人で入店したということもありテーブル席となったのだろうが、むしろカウンター席に並んで座った方がゆったりしたかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。