マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

雇用保険料や健康保険料の値上げは避けられない 年5万円負担増も

2021年2月19日 7:00

会社員の社会保険料負担は膨らむ一途…(イメージ)
会社員の社会保険料負担は膨らむ一途…(イメージ)

 政府は2月2日の閣議で「世帯主の年収1200万円以上」の世帯に児童手当の支給を廃止する方針を決めた。

 しかし、菅義偉・首相は施政方針演説(1月18日)で、「未来を担う子供からお年寄りまで全ての人が安心できる社会保障」を掲げ、不妊治療の助成金について「所得制限を撤廃する」と表明したばかりだ。

 不妊治療では所得制限を廃止するのに、児童手当では所得制限を設ける。年金減額と同じく、「減らしやすいところから減らす」という大方針の前には政策の矛盾などどうでもいいのだろう。

 サラリーマンの社会保険料値上げも控える。政府はコロナ対策の休業補償として「雇用調整助成金」をこれまでに2.2兆円支給し、緊急事態宣言の延長で支給額はさらに増える。

 その原資は本来、企業が拠出する雇用保険の「雇用安定資金」でまかなわれるが、財源が尽きたために、サラリーマンが負担(労使折半)している失業給付用の積立金から約5000億円を流用している。積立金はコロナ不況による失業給付の増加と流用により1年で1.7兆円も減り、厚労省は今年3月末には2.7兆円になると試算している。このペースでは1年後には1兆円となり、その後の失業給付の支払いさえ危うくなる。

 そのためサラリーマンが支払う雇用保険料の値上げは避けられそうにない。

 どのくらいの値上げになるのか。雇用保険(失業給付分)の保険料率は現在0.6%(労使折半、以下同)だ。実は、本来の基準は1.2%だったが、失業率が低かったことから2017年の時限立法で基準が1.0%に引き下げられ、さらに「財政的に極めて余裕のある状態」では最大0.4%引き下げることができるという弾力条項も発動され、0.6%まで下げられている。

「時限立法は2021年度末で切れ、弾力条項も適用できる財政状況ではなくなった。2022年度からは雇用保険の料率を少なくとも元の基準の1.2%まで戻すことになるでしょう。弾力条項では雇用状況が悪化したときは逆に最大0.4%引き上げるとしているので、料率が1.6%(1.2%+0.4%)まで上がる可能性もあります」(雇用保険に詳しい社会保険労務士)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。