マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

コロナ不況の中、生活必需品の値上げラッシュ 電気、水道料金も

2021年2月13日 7:00 週刊ポスト

電気代や水道代にまで値上げの波が
電気代や水道代にまで値上げの波が

 今年初めからコロナ不況の中で砂糖、家庭用油など生活必需品の値上げが始まった。砂糖は感染拡大による物流の停滞で原料(粗糖)の輸入価格が急騰。三井製糖は卸業者などに対し出荷価格を1kgあたり5円値上げすると通知した。

 油脂製品も大豆、菜種、パーム油など原料の相場が上昇、昭和産業は取引先に3月からの価格改定を要請している。

 コロナの影響でただでさえ厳しい庶民の家計は、さらに逼迫していくのだ。

 電気料金は値上げで混乱が起きている。コロナによる巣ごもり需要に加えて、寒波で電力需給が逼迫。電力事業者が電力を売買する日本卸電力取引所(JEPX)の指標価格は昨年12月の1キロワット時5円台から、今年1月には一時25倍にハネ上がった。

 この影響を受けているのが電力自由化で次々に設立された「新電力」会社だ。家計の節約のために大手電力から「料金の安さ」で新電力に乗り換えたケースは多いが、電気代が卸売価格と連動する「市場価格連動型」プランで契約している場合、1月分の電気代が卸価格急騰の影響をまともに受けるため、高額になりすぎて救済措置をとる新電力もあるほどだ。

「手洗い」が奨励されるなか、水道料金も上がる。昨年、横浜市は約12%、埼玉県川口市は約25%の値上げを発表。市民の猛批判を浴びていったん延期されたが、川口市は今年1月に値上げし、横浜市は今年7月から引き上げる。

※週刊ポスト2021年2月19日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。