マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

40代OL“お試し注文”が予期せぬ高額請求に!詐欺的定期購入商法の手口

2021年2月24日 16:00

神奈川県在住のOL・A子さんの被害実例(イラスト/ニシノアポロ)
神奈川県在住のOL・A子さんの被害実例(イラスト/ニシノアポロ)

「ネット通販にはサギまがいのものがあるから要注意!」と何度となく言われてきた。にもかかわらず、コロナ禍の外出自粛もあって、相談件数は急増している。2020年5月には、全国の消費生活センターへのネット通販にまつわる相談件数が、2万6000件を超え、全体相談件数の3割を超えている。

 利用者が警戒すればするほど、その裏をかく手口が次々と生まれているというが、それはどのようなものなのか。ここでは、全国の消費生活センターに寄せられた相談の中から、「お試し定期購入」の悪質手口とその対策を、実際の例をもと紹介する。

 神奈川県在住のOL・A子さん(40才)は、自宅でテレワーク中に、洗顔フォームが「初回のみ500円」と、格安で買えるサイトを見つけ、お試しで注文。商品を受け取った。

 ところが1か月後、さらに同じ商品が届き、2回目以降は1個6000円の請求書が。問い合わせると、「5回の商品購入が前提条件となっている契約ですから」と説明された。

「1回だけのつもりで注文したのに、実際は定期購入だったことが、説明画面のいちばん下の方に、とても小さな文字で書いてあったんです。そこまで読み込まなかった私が悪いのですが、こんなに高額になるなんて」(A子さん)

業務停止になった「詐欺的購入サイト」に多い悪質パターン
業務停止になった「詐欺的購入サイト」に多い悪質パターン

 たしかに、私たちは「お試し」「初回無料」などの謳い文句に飛びつきやすいが、それが1回の購入か、定期購入かをまず確かめる必要がある。

「【1】定期購入の表示がわかりにくい。【2】解約可能と謳いつつ、実際は解約方法がよくわからない。そんな場合は、詐欺的定期購入商法です。購入前に、定期購入かどうか、解約方法や定期購入の期間などを確認するのが重要です」(消費者庁・取引対策課)

※女性セブン2021年3月4日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。