マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

定額の積立投資、下落局面がお金を増やすチャンスに変わるカラクリ

2021年2月25日 19:00

積立投資ならコロナショックのような暴落時も過剰に恐れる必要はない
積立投資ならコロナショックのような暴落時も過剰に恐れる必要はない

 自粛生活で出費が減ったといっても、収入が増えているわけではない。銀行預金の金利も微々たるもので、蓄えを増やすにはやはり資産運用に目を向けたい。最近では、スマホ1台で始められる手軽な投資サービスも増えているが、それでも「投資は怖い」という人はいるだろう。実際、投資において、3割程度の値下がりはよくあることで、どうしても避けられない。それでも、投資金額を少なくして、なおかつ分散させておけばそこまで怖くないだろう。

 もし、退職金を元手に1000万円を一括で投資して3割値下がりしたら300万円の大損だが、500円のワンコイン投資なら、150円の損で済む。少額投資に詳しいファイナンシャルプランナーの山口京子さんは、毎月コツコツと少額を積み立てていけば、むしろ下落局面がお金を増やすチャンスに変わると話す。

りんごでたとえる、「積立投資が損をしにくい」シミュレーション
りんごでたとえる、「積立投資が損をしにくい」シミュレーション

 そのからくりを理解するには、投資信託をりんごにたとえるとわかりやすい(別掲図参照)。毎月1万円のおこづかいでりんご(=投資信託。毎月価格が変動する)を買う場合、

【1か月目】りんご1個が1万円したので、1個しか買えなかった。
【2か月目】りんごが1個1000円に下がったので、10個も買えた。
【3か月目】りんごが1個1万円に戻り、1個買った。

 これで、3万円で12個のりんごを手に入れたことになる。

 4か月目、りんごの価値は1個5000円に下がったとしても、5000円×12個=6万円で売れる。つまり、3万円の投資が6万円になった計算になる。

「毎月同じ額でコツコツ積み立てていけば、最初の半額の5000円に下がったタイミングで売っても、値動き次第では2倍儲かる。同じ3万円を最初に一括投資していたら、3個買ったものが1万5000円でしか売れなくて損しますが、積立投資ならむしろ下落すれば買えるりんごの数が増え、そのあと値上がりすれば高く売れるチャンスになるのです」(山口さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。