マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国の春節映画が記録的大ヒット、日本が舞台の映画が好調

2021年2月24日 7:00 マネーポストWEB

長澤まさみ、浅野忠信らが出演する『唐人街探案3』が中国で大ヒット中(北京。時事通信フォト)
長澤まさみ、浅野忠信らが出演する『唐人街探案3』が中国で大ヒット中(北京。時事通信フォト)

 いま中国では、春節映画が大人気だ。旧正月にあたる2月12日、中国全土で3400万を超える人が映画館に足を運んだ。今回、公開された作品は計7本。1日のチケット売上高は17億元(277億円、1元=16.3円で計算、以下同様)超となり、過去最高を記録した。

 グローバルで比較すると、土日を挟む1週間で最もチケット売上高が大きかったのは『アベンジャーズ/エンドゲーム』(アメリカ)で1.57億ドル(164億8500万円、1ドル=105円で計算)。この記録も今回の春節映画『唐人街探案3』が塗り替えている。

 現地報道によれば、2月21日午後10時時点におけるチケット売上高(累計)トップは『ニイハオ、李煥英(Hi, Mom)』で、40億2500万元(656億円、1元=16.3円で計算、以下同様)。第2位はちょうどこの時刻に逆転されたのだが、それまでトップを独走してきた『唐人街探案3』。こちらは40億2400万元(656億円)である。

 以下順に、残りの作品を紹介しておくと、『刺殺小説家』が7億2800万元(119億円)、『熊出没・狂野大陸』が5億300万元(82億円)、『新神榜:ナタ重生』が3億2500万元(53億円)、『人潮ション涌』が2億7500万元(45億円)、『待神令』が2億3700万元(39億円)。

 日本では先月、アニメ映画『劇場版『鬼滅の刃』無限列車編』が『千と千尋の神隠し』の持つ記録を19年ぶりに塗り替えたと話題になった。公開日は2020年10月16日。今年1月25日に発表されたデータによれば、公開101日間で2667万人を動員、興行収入は365億円に達している。

『鬼滅の刃』も凄い記録だが、『ニイハオ、李煥英』、『唐人街探案3』は僅か10日足らずでこの数字だ。中国の映画市場は桁違いに大きいことがよく分かる。

 それぞれどんな内容だろうか。『ニイハオ、李煥英』は、コメディ女優ジャー・リンが監督、原作、脚本、主演を兼任。娘が20年前にタイムスリップして母親と会う話だが、“涙あり、笑いあり”の肉親の情をテーマにした作品で、ネット上では高い評価を得ている。

『唐人街探案3』は3と番号が打たれていることからわかる通り、シリーズ3作目である。1作目、2作目については『僕はチャイナタウンの名探偵』として、日本でも上映されている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。