マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

映画館での「隣席ガチャ」リスクを回避するには

2019年5月31日 16:00

映画館の「隣席ガチャ」問題に悩まされている人は少なくない

映画館の「隣席ガチャ」問題に悩まされている人は少なくない

 映画料金の値上げ発表が相次いでいる。TOHOシネマズは、6月1日から一般の鑑賞料金を1800円から1900円に値上げ。109シネマズも6月1日から100円の値上げ、新宿バルト9も同様に6月1日から100円値上げする。

 主な値上げ理由は、人件費や設備投資等の運営コストの上昇だという。ただでさえ高いと言われることもあるが、映画料金の値上げにより、映画離れの加速も予想される。

「映画料金が値上げされることに加え、昨今はNetflixやHuluといった動画配信サービスで、月額1000円前後で映画を気軽に楽しむユーザーも増えています。もちろん映画館で観るのと家で観るのとでは、まったく別の体験ですが、それでも映画館で映画を観るという行為が、今まで以上に割高に感じられる状況なのは間違いない」(エンタメライター)

 また近頃、ネット上で話題になっているのが、「隣席ガチャ」あるいは「客ガチャ」という言葉だ。映画館やコンサートなどの場合、自分の席の周囲の観客を選ぶことができず、時にマナーの悪い観客にあたってしまうこともある。そういったランダム性をスマホゲームなどの「ガチャ」になぞらえて、ネットユーザーたちが「隣席ガチャ」「客ガチャ」と呼んでいるのだ。

「たとえば、隣の席のお客さんが、上映中ボソボソ会話をしていたり、スマホをいじっていたり、音を立てて何かを食べていたり……といった経験がある人も多いと思います。それが“隣席ガチャでハズレを引く”ということです。2000円近くのお金を払って映画を見て行っているのに、“隣席ガチャ”でハズレを引くリスクがあるというのはあまりにも理不尽だと考える人が増えている。それならば、絶対にハズレを引く可能性がない家で観た方が良いということで、映画館に行かなくなる人もいるようです」(前出・エンタメライター)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。