ライフ

ゲームファンのPS5争奪戦疲れ 「FF7リメイク」発売でさらなる苦境に?

PS5当選はいつになるのか…(ANP/時事通信フォト)

PS5当選はいつになるのか…(ANP/時事通信フォト)

 昨年11月に発売されたソニーの家庭用ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)。12月時点で販売台数は全世界で450万台を突破し、3月末までに760万台以上の販売目標を掲げている。そんなPS5は発売当初から品切れが続出し、発売から約4か月が経っても争奪戦が続いている。最近になってようやく「在庫あり」の店舗の情報が出回るようになってきたが、入手できていないゲームファンからは、「疲れ」も見え始めている。

「『落選』という文言が入ったメールを見るのにはもう慣れましたよ。ソニーストア、ヤマダ、ノジマ、ジョーシン……。応募してもことごとくハズレています。30連敗くらいしていると思います。笑っちゃいますよね」

 そう苦笑するのは、広告代理店で働く30代の男性会社員・Aさんだ。発売当初から、抽選に応募し続けているが、未だに「当選」の文字を見たことがない。3月中に購入できなければ、あきらめることも視野に入れているという。

「まだ手にしてもいないのに、PS5に冷めてきたというのが本音です。あんなに恋焦がれて、美麗の映像美を体験したくて、ワクワクしてプレイを夢見てきたのに……。もはや学生時代の就職活動みたいな感じ。不採用続きで感覚が麻痺してきたような状況です」(Aさん)

 Aさんだけではない。今、こうした「落選」続きで心が折れて、PS5購入を断念するという人は少なくないようだ。都内の大学院に通う20代の男子学生・Bさんもその1人だ。

「あるとき『PS5当選』がTwitterのトレンドに入り、もしかしたら……と祈る思いでメールを確認したら、やっぱり今回もハズレでした。こんな状態になったのは、やはり転売ヤーのせいでしょう。絶対に許せません。彼らが未だに買い占めているとしか思えない。もう入手をあきらめて、Nintendo SwitchかPCを購入するのもありかもしれません」

 実際、フリマサイトでは、PS5はおおよそ6万後半~7万円後半で売られている。PS5(ディスクドライブ付きモデル)の希望小売価格は、5万4978円(税込み)なので、かなり割高な価格で取引されていることになる。にもかかわらず「売り切れ」も散見される状態だ。当然、Bさんもこの状況を知っている。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。