マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

通帳発行、口座維持にも手数料 銀行口座は解約・集約で節約する時代

2021年3月20日 7:00 週刊ポスト

銀行口座の使い方をどう見直す?(イメージ)
銀行口座の使い方をどう見直す?(イメージ)

 2月末に発生したみずほ銀行のATMトラブルによって、利用者は大混乱に陥った。口座からの引き出しや送金、通帳記帳による家計管理などで利用することの多い中高年世代にとっては、銀行ATMは生活に不可欠なものであり、影響は甚大だ。

 しかし、実は今回の障害の背景には、そうしたユーザーの利用法を大転換させようとする金融機関の思惑が見え隠れする。

 みずほ銀行は、定期預金の口座を紙の通帳からデジタル通帳に切り替える作業を進めた結果、システムに過大な負荷がかかり、障害の一因になったと説明する。同行では、今年1月から紙の通帳を発行しない口座サービス(みずほe-口座)をスタートさせている。

 同時に導入されたのが「通帳発行手数料」だ。1月18日以降に普通預金口座を新規開設した場合、通帳の発行や繰り越しごとに1冊1100円の手数料がかかる(70歳以上は対象外)。ファイナンシャルプランナーの森田悦子氏が指摘する。

「超低金利が長引き、顧客から集めた預金を企業に融資して収益をあげるビジネスモデルが成り立たなくなった銀行は、預金者に応分のコスト負担を求めるようになりました。“紙の通帳有料化”は象徴的な例で、他の銀行でも同様に手数料を増やす動きが広がっています」

使わない口座にカネがかかる

 年度末が定年退職となる会社に勤めている人などは、退職金の入金のために口座を開設しようと考えたり、勧誘を受けたりする時期だけに、よく理解しておきたい。

 三井住友銀行では、4月1日以降に新規開設した普通預金口座で、「紙の通帳」を使う場合、年間550円の手数料がかかる(18歳未満または75歳以上は対象外)。その新規口座でオンラインサービス「SMBCダイレクト」の利用登録をせずに2年以上入出金がなく、かつ残高が1万円未満だった場合は、年間1100円の手数料が発生する。

 三菱UFJ銀行も、7月1日以降に新規開設する普通預金口座を対象に、2年以上利用がない場合、年間1320円の「未利用口座管理手数料」を徴収する方針だ。口座を使わず放置すると、手数料がかかるようになっていくのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。