マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

コロナ禍で競馬人気再燃 新規ファン「パチンコの代わりに」「『ウマ娘』見て」

2021年3月29日 16:00 マネーポストWEB

コロナ禍で新たな競馬ファンも続々と誕生(イメージ)
コロナ禍で新たな競馬ファンも続々と誕生(イメージ)

 日本中央競馬会(JRA)は3月19日、2020年の決算について、勝馬投票券(馬券)収入と事業収入を合わせた事業収益が、前年比約884億円増の約3兆207億円(うち馬券収入が約3兆15億円)と発表した。3兆円を超えるのは17年ぶり。純利益は約615億円だった。新型コロナウイルスの影響から、無観客開催や場外馬券売り場の一時営業休止があったが、電話・インターネット投票会員数が大幅に増えたという。

 競馬人気再燃の様相だが、コロナ禍で競馬を始めたという人も少なくないようだ。

「コロナ禍で時間をもてあましていたところ、祖父のすすめで競馬を始めました。だから、まだ一度も競馬場に行ったことはありませんが、今度、東京競馬場に行ってみようと思っています。無観客じゃなくなったら、祖父が連れてってくれるというので、楽しみにしています」

 そう嬉しそうに話すのは、IT企業に勤める20代の男性会社員・Aさんだ。パチンコやスロット、競艇など、ギャンブルの類はこれまで一切やったことがなかったが、競馬には惹かれる部分があったという。

「スポーツを楽しむように、純粋に面白い。個性が強くて、走り方や血統も違います。注目されていない馬の勝利や、強い馬が激突する構図も好きです。ただ、当てるのはまだまだで、枠連(1着と2着に入る馬の枠を予想)を1000円分買ったことがありましたが、ダメでした……。ほどほどに楽しみます(笑い)」(Aさん)

 一方で、パチンコから競馬に“転向”したという人もいるようだ。建設業界で働く40代の男性会社員・Bさんは、コロナ禍でパチンコ店に行かなくなる日々の中で、競馬にハマり始めたという。

「コロナの感染拡大が報じられるようになってから、パチンコ店通いは一時中止。でも、やはり何かお金を使いたいという欲求が出てきて、久しぶりに競馬をやってみました。無観客でもネットで買えるというのはいいですよね」(Bさん)

 Bさんはあらためて競馬に夢中になっている。どこに魅力を感じているのだろうか。

「ドキドキしながら勝ったときの興奮はパチンコにはないもので、いいですね。SNSの情報も参考にして馬券を買って、1万5000円が6万円くらいになったこともあって、案外パチンコよりもいいかもと思っています。パチンコ仲間も次々と競馬を始めていて、彼らと予想を語り合うのがまた楽しいです」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。