マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

60代以降の年賀状どうする? やめれば年下から感謝されることも

2021年4月4日 11:00

年賀状をいつまで続けるか(イメージ)
年賀状をいつまで続けるか(イメージ)

 生涯働く時代になったとはいえ、65歳から年金受給が始まるため、60歳を過ぎると完全リタイヤを意識する時期。改めて“なんとなく続けてきた習慣”を考え直したい。心理学者の諸富祥彦・明治大学教授が解説する。

「60代でも働き続けている人であれば、仕事関係の後輩や取引先のうち、年下の人への年賀状のような慣習はやめてしまうのがいいでしょう。若い世代にとって再雇用などで会社に残っている60代は大先輩にあたり、“年賀状をもらったら返さなきゃ”という義務感だけでやり取りが続いている可能性がある。自分から年賀メールにすれば、ありがたがられるのではないか。

 目上の人にはこれまで通り年賀状を送ってもいいでしょう。御中元や御歳暮にもあてはまることです」

 そうすることで、上の世代には不義理にならず、下の世代に疎んじられることもなくなる。

 上手に「身軽な暮らし」へ移行するためには“一律にすべてやめることを避ける”のもポイントとなる。終活アドバイザーの吉川美津子氏はこう助言する。

「周りがやめるから自分もやめたということではなく、手紙や葉書を書くことをきっちりやっていきたい人は続ければいいと思います。みなさんの体験談を聞いていると、年賀状しか連絡手段がない相手には続けているという人が多い。相手によって分けて柔軟に考えている人ほど、老後生活をうまく過ごしている印象です」

※週刊ポスト2021年4月9日号

55歳、60歳、65歳、70歳…年代別「解約」「手放す」ことを検討する項目リスト
55歳、60歳、65歳、70歳…年代別「解約」「手放す」ことを検討する項目リスト
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。