マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

50代以降のSNSは“歪な承認欲求”に注意 返信頻度減らすことも必要

2021年3月31日 15:00

50代は周囲の人間関係を見直す時(イメージ)
50代は周囲の人間関係を見直す時(イメージ)

 50代半ばはライフスタイルを見直す好機だ。たとえば老親の介護が現実味を帯びてくる世代でもあるだろう。実家の家財を処分・整理することも検討したい。70代男性はこう振り返る。

「60歳の時、母親と実家で同居するのを機会にいらない物を処分しましたが、想像以上に大変でした。現役中から先を見越してやっておけばよかったと思います」

 男性にとって、実家の不用品処分は「親との戦い」だったという。

「実家に大量にあったのは紙袋や包装紙など、『いつか使うから』と残してあるゴミでした。使っていない家具類を粗大ゴミで出す時は『やめてくれ』と泣き叫ばれた。片付けが終わるまでに、2人ともヘトヘトになってしまいました」(同前)

 実家の片付けのポイントについて、生前整理アドバイザーの水野久美子氏はこう助言する。

「親のものを処分する場合は、まず本人に納得してもらうこと。『いらないでしょ』は禁句です。捨てない理由が『もったいない』なのか『本当に大切』なのかを先に確認すると良いでしょう。『もったいない』ので取ってあるものは、捨てるのではなく中古品業者に売却してお金に換えるのがお勧めです」

 加えて、50代半ばは周囲の人間関係を見直す時でもあるという。心理学者の諸富祥彦・明治大学教授が解説する。

「50代のうちに、自らの意思で人間関係を整理していくことが大切です。60歳を過ぎると、死別や退職などで、そうは望まなくても少しずつ人間関係が切れていきます。自らの選択とは関係なく孤独になっていくと、精神的なショックは大きいし、高齢であれば認知症などにつながるリスクもある。そうなる前に、“面倒な付き合いは避けよう”“自分ひとりで過ごせる時間を作ろう”と考えて、惰性で続けている関係を整理してもいいのではないか」

 とりわけ男性は、60歳以降に長く勤めた会社を退職すると、そこで初めて“仕事関係以外の知り合いがほとんどいない”という現実に突き当たって、ショックを受けるケースが多い。50代後半のうちから、自分の人間関係を冷静に見つめ直しておくことが重要になるわけだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。