マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

現金を使わずに有名企業の株や投信を購入「ポイント投資」の仕組みとメリット

2021年6月15日 19:00 女性セブン

貯まったポイントを使って資産運用も(イメージ)
貯まったポイントを使って資産運用も(イメージ)

 スーパー、コンビニ、ドラッグストア、飲食店、通販サイト……いまや、ありとあらゆる場所でポイントが貯まる。ただなんとなく貯めて、端数の支払いに使うだけだったり、ましてやすっかり忘れて失効したりしているなら、いっそのこと、「ポイント投資」にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

 ポイント投資とは、スマホ決済やクレジットカードでの買い物で貯まったポイントを現金に換算して、株や投資信託などに投資する仕組みのこと。たとえば、dポイントなら、最低100ポイント(=100円)あれば、SMBC日興証券の運営する日興フロッギーで、約3700の銘柄から選んで投資することができる。

 本来、株は100~1000株ほどのまとまった単位で買う必要があり、元手には少なくとも10万~30万円前後が必要になる。しかし、ポイント投資はもっと手軽だ。1年間で約380万円相当ものポイントを貯めた、ポイ活マスターの紀村奈緒美さんが言う。

「ポイント投資なら、現金を使わずに有名企業の株や投資信託を買うことができ、なかには1株から買えるものも。1ポイント(=1円)から投資できることもあるので、1000ポイントもあれば、欲しい銘柄を買うことができるでしょう」

 投資に使える主要なポイントは、「dポイント」「Tポイント」「楽天ポイント」「Pontaポイント」「LINEポイント」など。

「dポイントは、SMBC日興証券のほか、AIが自動でリスクの低い銘柄を選んで買付、運用までしてくれる『THEO+ docomo』があります。Tポイントは、SBI証券、SBIネオモバイル証券などと提携しており、投資信託や仮想通貨(暗号資産)、不動産投資でも運用できる。

 楽天ポイントは楽天証券から国内株式や投資信託のほか、FX(外国為替証拠金取引)にも投資でき、仮想通貨取引所の『楽天ウォレット』もあります。

 Pontaポイントは三菱UFJフィナンシャル・グループが運営する『auカブコム証券』と、LINEポイントは『LINE証券』のほか、AIのアドバイスを受けられる『FOLIO』と提携しています」(紀村さん)

 ポイント投資を始めるには、各ポイントのサイトから、投資する株や投資信託を選ぶ。また、運用したいポイントと連携している証券会社で口座を開設する必要がある。多くの場合、運転免許証やマイナンバーカードなどの顔写真つき本人確認書類をスマホで撮影して送信するだけでいい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。