マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

【日本株週間見通し】今週の日経平均はもみ合い?FOMCにも注目

2021年6月13日 8:00

今週の日経平均はどう動く?
今週の日経平均はどう動く?

 投資情報会社・フィスコが、株式市場の6月7日~6月11日の動きを振り返りつつ、6月14日~6月18日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均はもみ合いとなった。5月の米雇用統計の結果は強弱混在する内容だったが、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融緩和を早期に解除するほどの内容ではないとの見方から、長期金利が低下するなかハイテク株を中心に上昇。この流れを受けた週明けの日経平均も300円近く上げて始まると、早い段階で29241.20円まで上昇した。しかし、29000円台では依然として戻り待ちの売り圧力が強く、間もなく急失速。安値では29000円を割り込む場面もみられた。その後は、米5月消費者物価指数(CPI)の結果を見極めたいとの思惑から、週後半まで方向感に欠ける動きが続いた。一方、米長期金利の低下傾向は週を通じて株式市場全体をサポートする役割を果たした。

 注目されていた米CPIは前月から加速し、市場予想をも上回ったが、FRBのスタンスに変化をもたらす程のものではないとの見方から、米長期金利は1.4%台前半へと更に低下。金利低下を追い風に、10日の米株式市場ではハイテク株が中心に買われた。この流れを受けた週末11日の東京市場では、先物・オプション6月物の特別清算指数(SQ)算出に絡んだ売買もあり、朝方は上下に振れた。71円高からスタートした日経平均は、一転して28839.54円(119.02円安)まで下落したかと思えば、即座に切り返して一時29080.89円(122.33円高)まで上昇するなど、方向感に乏しい動きが先行。その後も、米CPIの結果判明を受けたあく抜け感は高まらず、29000円を下回ってのもみ合いが続いた。

 今週の日経平均はもみ合いか。米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、週前半は様子見ムードが強そうだが、イベントを通過した週後半は、あく抜け感から強含む展開も想定される。

 5月の米消費者物価指数(CPI)は前年比5.0%と前月の4.2%、市場予想の4.7%をも上回ったが、FRBが早期に金融緩和を縮小する程までではないとの見方から、ほぼ無風で通過。米長期金利は発表直後こそ1.53%ほどまで上昇したが、すぐに低下した。米10年物ブレークイーブンインフレ率(期待インフレ率の指標)も上昇したものの軽微にとどまった。CPIの大幅上昇は、前回の4月に続き、中古車やガソリンなどが主体であり、「物価上昇は一時的」とするFRBの見方に沿うものとの解釈が優勢だったようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。