マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

新聞の定期購読を続ける人たちが重視する「ネットニュースにはない魅力」

2021年6月18日 15:00 マネーポストWEB

ネットニュース全盛時代、新聞ならではの魅力とは?
ネットニュース全盛時代、新聞ならではの魅力とは?

 朝日新聞社は6月10日、朝夕刊の月極購読料を7月1日から363円値上げして4400円(税込み/以下同)、朝刊は407円の値上げで3500円にすると発表した。消費税増税を除いた価格改定は1993年12月以来、27年7か月ぶりだ。全国紙で価格を比較すると、読売新聞4400円、毎日新聞4037円、産経新聞(朝刊のみ)3034円、日本経済新聞4900円。すでに日本経済新聞は2017年11月、読売新聞は2019年1月に現在の価格に値上げ。各社が購読料の見直しに踏み切る中、朝日新聞も追随した形に見える。

 ネットニュースが普及し、最新ニュースも無料で入手できる時代。値上げされても新聞購読を続ける人たちに“ネットニュースにはない”新聞ならではの魅力を聞いた。

 出版社に勤める40代の男性・Aさんは、全国紙を購読している。きっかけは、中学時代の国語教師のすすめで新聞のコラムを読み始めたことだった。

「当時は、文章のお手本といえば新聞のコラムで、先生から毎日読むようにすすめられました。さらに高校時代の現代文の先生からも、『受験にも就職にも役に立つ』と言われ、読むのはもちろん、コラムを要約したり、それを元にした小論文を書いたりしていました」(Aさん)

 現在、小学生の子供がいるAさんは、自身と同じ経験をさせている。

「息子にもコラムを読ませ、さらに書き写させています。デジタル版でも良かったんですが、手を動かして紙面をめくりながら、ノートに書き込んでいくというアナログな作業を経験させておきたかったんです。ネットやデジタルには今後いくらでも触れる機会があるでしょうし。仕事柄、紙が好きというのも大きいです」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。