マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

看護師から転職も… コロナ禍の今「夜の街」に飛び込む女性たちのリアル

2021年6月25日 19:00

コロナ禍であえて「夜の街」に飛び込む女性たちも
コロナ禍であえて「夜の街」に飛び込む女性たちも

 コロナ禍で打撃を受けた業界は多い。キャバクラなど「夜の街」に関わる職種は、その代表的なものだが、今、あえてキャバクラ嬢に転職する女性や、昼の仕事と掛け持ちするようになった女性たちもいる。コロナ禍で「夜の街」に飛び込んだ女性たちのリアルに迫った。

 緊急事態宣言が6月20日に解除され、まん延防止等重点措置へ切り替わった東京。東京都医学総合研究所の調査によると、繁華街の夜間の人出は、6月12日まで5週連続で増加しているという。都内のキャバクラ激戦区にある店舗に勤務する30代の男性は、「ここ数か月で客足は戻りつつある」と語る。

「平日の夜はまだまだ閑散としていますが、週末は人が戻りつつある印象はあります。今年に入って新規オープンした店もあります」

看護師からキャバ嬢へ転職「逆差別が辛かった」

 4月から都内のキャバクラ店に勤務するようになった元看護師の20代女性・Aさんは、「お客さんが『大変だったでしょ』『頑張って』と労ったり励ましてくれたりして、本当にありがたいです」と笑顔を見せる。

 Aさんは今年3月まで都内の病院の一般病棟で働いていたが、看護師としての体力と精神面での限界を感じ、退職した。コロナ禍の人材不足で業務量が増えているにもかかわらず、彼女が働く一般病棟では残業代はつかなかったことも大きい。手取りは16万円ほどだった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。