マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

私が早期セミリタイア「プチFIRE」実現のために諦めた3つのこと

2021年7月10日 16:00

唐津の海でイカ釣りを楽しむ筆者
唐津の海でイカ釣りを楽しむ筆者

 昨今、「FIRE(Financial Independence, Retire Early)」という言葉が注目を集めている。若いうちから資産形成して「経済的に自立」して「早期リタイア」を実現する、という意味だ。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏(47)は、2020年夏にそれまで続けていた多くの仕事を整理して、現在は佐賀県唐津市に移住し「ストレスのない範囲で適度に働く、快適な生活」を送っているという。中川氏はいかにしてそうした生活を手にしたのか、自身の経験を振り返る。

 * * *
 私は2013年以降、「2020年、47歳の時にセミリタイアをする」と言い続け、2020年8月31日をもってそれを実行しました。「セミリタイア」の意味としては「定期的に職場に行くなど、がっつり関わっていた本業は辞めて、それ以外の偶発的な仕事はやる」というものです。

 だから、厳密には「FIRE」ではありません。強いて言うなら「プチFIRE」といったところでしょうか。相変わらず仕事はしていますが、仕事量も収入も激減しています。この生活を選んだ正直な理由は、「過度に働く人生はもう47歳までやったからこれ以上はイヤだ。適度に働き、快適な生活を送りたい」と考えたからです。

 さて、「FIRE」といえば、若いうちにお金を貯めることができた人が実践するもの、というイメージがあるでしょう。まぁ、それはそうです。やはり先立つものがなければ、セミリタイアすらできませんから。その際に大事なのは、そのお金をいかにして手に入れるか、です。

 そんな私も、今のような状況になるまでには、色々と諦めたことも多いんですよ。

 最初は新卒で広告会社に入社したわけですが、まず「会社員として安定した仕事を定年まで続ける」ということができなかった。私みたいなスーダラな人間が、定年まで仕事を続けるのはキツいだろうな……と、サラリーマンからフリーランスになりました。そうなると、次のような事実に直面します。

「フリーランスは社員より収入が少ない人がほとんど。一方で、少数派だが社員よりも稼げる人もいる」

 私はこの後者たる「社員よりも稼げる少数派」を目指しました。もちろん上場企業の役員報酬なんかとはレベル違いますが、20代後半の会社員時代から、早くお金を貯めるにはフリーがいいかな、と思っていた次第です。実際、フリーランスとして社員時代より稼げるようになったものの、そこまでの過程で私は以下の3点を諦めました(最初から求めていなかったものもありますが)。

【1】マイホーム
【2】子供
【3】社会的信用

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。