マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

AIが算出「10年後の不動産の資産価値」池袋と秋葉原に大差がついた理由

2021年7月27日 7:00 週刊ポスト

東京都内の「資産価値が落ちにくい街」ランキング50
東京都内の「資産価値が落ちにくい街」ランキング50

 コロナ禍によって「住まい選び」の注目度が増している。東京都内の不動産市場は活況に沸いているようにも見えるが、気になるのは「将来の資産価値」だろう。不動産運用コンサルティングなどを行なう「リーウェイズ」は、AI(人工知能)を駆使して「10年後の不動産の資産価値」を独自に導き出している。同社の巻口成憲社長が説明する。

「多くの企業の不動産調査は、『いま売買したらどうなるか』にとどまり、将来の資産価値を予測するものは極めて少ない。我々は、2008年から収集している2億件を超える不動産情報をAIに学習させ、いまある都内の物件が10年後にどれだけ資産価値が変化するかを分析しています」

 リーウェイズの分析は、不動産の最寄り駅ごとに現在のファミリー層向けの新築物件の資産価値が10年後にどう変化するかを詳細にレポートしている。『週刊ポスト』ではこれをもとに、東京で「資産価値が落ちやすい街」と「資産価値が落ちにくい街」に分けリスト化し、それぞれ上位50位までランキングした。

 それによると、似通った地域や路線でも明暗が分かれている。たとえば、ともに山手線の北側にあり、昔ながらの下町という印象が強い巣鴨(落ちやすい29位)と日暮里(落ちにくい23位)には意外な差がついた。

 長谷川不動産経済社の長谷川高氏は「街の勢いの差ではないか」と指摘する。

「かつての日暮里は中小企業の工場が林立し、地元で働く人が多く住むエリアでした。しかし2008年に足立区の見沼代親水公園と荒川区の日暮里を結ぶ『日暮里・舎人ライナー』が開業し、ここ10年ほどで再開発が進みました。

 一方、『おばあちゃんの原宿』として知られる巣鴨は閑静で治安が良く、以前からファミリー層に人気だったため、資産価値は高止まりしている。これからの価値上昇はあまり期待できないでしょう」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。