マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

隣の工事がうるさく夜勤の夫が不眠になり収入激減 慰謝料請求は可能か?

2021年8月3日 19:00 女性セブン

マンション工事の音がうるさくて夫が不眠に…(イラスト/大野文彰)
マンション工事の音がうるさくて夫が不眠に…(イラスト/大野文彰)

 近隣で行われている工事の音はどうしても気になってしまうもの。夜型の生活をしている人にしてみれば、工事の音で安眠が妨げられるケースもあるだろう。もしも、工事の騒音が原因で、収入が減少するようなことがあれば、慰謝料などを請求することはできるのだろうか。実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。

【相談】
 夫は個人タクシーの運転手で深夜に働いているため、昼夜逆転の生活をしています。ところが、うちの隣でマンションの建設が始まり、日中、工事の音がうるさくて眠れなくなり、仕事に支障が出ています。コロナでお客が減って大変なのに加え、不眠になり、さらに売り上げが激減。建設業者に慰謝料を請求したいのですが、どうしたらいいのでしょうか。(神奈川県・49才・パート)

【回答】
 所有者が自分の土地でマンション建設をするのは自由です。その一方で、隣接する住民にとっては平穏な日常生活はもちろん、睡眠や休息は人間生活にとって不可欠です。周囲の住民の受忍限度を超えて、平穏な生活が脅かされるような騒音になれば、不法行為になる可能性があります。

 騒音規制法は、建設工事で杭打機、削岩機、鋲打機などの一定の工事機械やパワーショベル等の重機を使用する作業を「特定建設作業」として規制対象にし、騒音を規制する地域は市長や知事が指定します。あなたのお住まいが規制地域に含まれるかは、地元の役所に聞けばわかります。

 規制される騒音の基準は、工場などの騒音については市長や知事が定めますが、特定建設作業による騒音は環境大臣の告示が基準になります。

 基準では時間帯は地域で違いますが、夜間の特定建設作業はできず、工事できる時間でも工事現場の敷地の境界線での騒音が85デシベルを超えてはならないとされています。デシベルとは音の大きさを表す単位で、85デシベルは相当にうるさい騒音です。大声で話さないと会話が成立しないほどでしょう。敷地境界で85デシベルの騒音があれば、隣接住宅内で安眠は到底できないと思いますが、これを超えない限り、騒音規制法違反になりません。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。