マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

紙パック式に出戻りした人たちが感じた「サイクロン式掃除機」のデメリット

2021年8月11日 19:00 マネーポストWEB

掃除機はサイクロン式もいいけど、紙パック式も捨てがたい(イメージ)
掃除機はサイクロン式もいいけど、紙パック式も捨てがたい(イメージ)

 およそ10数年前に巻き起こったサイクロン式の掃除機ブーム。軽量、高吸引力、おしゃれ、コードレスといった特徴は、それまでの掃除機のイメージを大きく覆した。そんなサイクロン式もすっかり定着し、今まさに使用中という人も多いだろう。しかし一方で、昔ながらの紙パック式に“出戻り”する人もいるようだ。なぜ、紙パック式にこだわるのだろうか。その魅力を聞いてみた。

 IT企業に勤める30代女性・Aさんは今年、サイクロン式から紙パック式に掃除機を買い替えた。以前は「おしゃれなデザインのサイクロン式掃除機の方が絶対いい」と思っていたため、頑なに紙パック式にこだわる60代の母親のことが理解できなかったそうだ。

「母親の還暦のお祝いに、サイクロン式の掃除機を買ってあげようとしたら『紙パックがいい』と言われ、聞き入れてもらえませんでした。その時は『使い慣れたものが一番なのかな』と思っていました」(Aさん)

 だが、その母の言葉の意味を知ることになったのは、Aさん自身がサイクロン式掃除機の吸引力の低下や2度の故障を経験してからだった。

「サイクロン式は、ワンタッチでゴミ箱にポイするだけで楽だと誤解していました。定期的に集塵フィルターの掃除が必要になるんです……。手入れしないと吸引力が下がるとは知らず、雑な扱いをしていましたが、そもそも面倒くさがり屋の私の性格を考えると、紙パックの方が合っていると思い知りました。今は、コードレスタイプで紙パック式の掃除機を使っています」(Aさん)

 メーカーに勤務する40代男性・Bさんも、サイクロン式掃除機から紙パック式に買い替えた1人だ。ゴミ捨て時の手間がかかりすぎるからだという。

「サイクロン式はゴミ捨ての時にホコリが舞いやすいので、正直そのホコリの掃除が面倒でしたし、鼻がグズグズすることも多かったんです。ゴミ捨ての時はマスクと眼鏡をかけて、ベランダに出て、掃除機を半分ビニール袋で覆う形にして、そのビニール袋にゴミを入れてから捨てるなど、めちゃくちゃ手間がかかりました。しかも、ダストボックスやフィルターも洗う必要があって、ウンザリしました」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。