マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

社長が明かすリーブ21の広告秘話 「最初は五大新聞すべてに断られた」

2021年8月27日 7:00 女性セブン

全国CMを展開できるまでの道のりは険しかったという(岡村勝正さん)
全国CMを展開できるまでの道のりは険しかったという(岡村勝正さん)

 タレントではないがしっかりとした“キャラ立ち”で、自社のテレビCMに登場する社長も少なくない。彼らが広告戦略の先頭に立つことになった背景には、少なからず苦労があるようだ。

 毛髪クリニック リーブ21の代表取締役社長・岡村勝正さんも、社業を視聴者に伝えるため、CMに出演している。

 朴訥な語り口で「カツラでもない、増毛・植毛でもない、薬でもない」「正真正銘自分の髪を取り戻す発毛」について訴える、岡村さんが登場するCMは、和田アキ子と共演するなど、強く印象に残る。

「まずは、新聞広告からスタートしようと思いましたが、五大新聞すべてに断られたんです」と岡村さんは振り返る。

 31才から発毛の研究を始め、当時の本業だったクリーニング店の顧客に試作品を試してもらいながらデータを蓄積。脱毛は、生活習慣に重要な問題があることがわかってきたという。

「頭皮の健康のためには、全身の状態がよくなくてはなりません。そこで、体質改善のアドバイスも同時にすすめて効果を導き出していきました。これを広く皆さんに体験してもらい、効果を実感してもらうための宣伝をしようと思ったのですが……」(岡村さん・以下同)

 カツラは商品があるからいいが、「発毛」の場合は、いわゆる使用前後の写真があっても、その写真を逆にすれば、効果“ナシ”を“アリ”と偽ることもできるため、新聞掲載は不可だったのだ。

 その後も地道な交渉を重ねる中、岡山で不動産業をしていた弟の紹介で地元の山陽新聞で広告掲載許可が下り、1993年に岡山市に第1号となるオペレーションセンターを開店。

「広告と口コミ効果で徐々にお客さんが増え、全国進出するタイミングで、テレビCMも行うことになりました。でも、『発毛』というと、うさんくさく感じる人も多いので、経営者の私が顔と名前を出して、自分の言葉で紹介することで企業としての信頼と、効果の確かさを感じてもらおうと思ったんです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。