マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「マネーポスト」2016年秋号 注目記事

リートファンドへの資金偏重が継続 懸念すべき点は?

2016年9月14日 7:00

 投資信託市場ではリート(不動産投資信託)を投資対象とするファンドへの資金流入が続いているが、そうした資金偏重に落とし穴はないのか。

 楽天証券経済研究所ファンドアナリストの篠田尚子氏が解説する。

リートファンドへの資金偏重の影響は?
リートファンドへの資金偏重の影響は?

 * * *
 7月の国内投資信託市場への資金流入額は529億円と、2か月連続で前月を下回り、また1年8か月ぶりに1000億円の大台割れとなった。

 6月23日に英国のEU(欧州連合)からの離脱が決定し(ブリグジット)、7月前半まで日本の株式市場が円高によって低迷したことが影響した格好だ。

 その後はNYダウの最高値更新など、8月にかけての内外株式市場の上昇によって純資産残高は増加し、7月末時点で59兆5383億円と、再び60兆円が目前となっている。総じて、投資信託マーケットはまずまずの好調といえるだろう。

 ただし、問題点がないわけではない。リート(不動産投資信託)を投資対象とするファンドへの偏重が続いている。

 現在、純資産残高によるランキングをみると、ベストテンには海外リートに投資するファンドが6本も入っている。

 特に、ベストスリーは、『新光 US-REIT オープン』『フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)』『ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)』と、すべて海外リートで、いずれも純資産残高は1兆円を突破している。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。