マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

老後家計の基礎となる「年金」 夫婦の受給額は年齢によってこんなに変わる

2021年9月19日 7:00 週刊ポスト

ライフステージで夫婦の受け取れる年金が変わる(イラスト/河南好美)
ライフステージで夫婦の受け取れる年金が変わる(イラスト/河南好美)

「リタイア後は息子に面倒を見てもらえるものと思っていました。そのために大学まで通わせたのに、フタを開けたら就職難で長い間、定職が見つからなかった。ようやく安定してきて結婚はしたものの、自分の家族を養うことで精一杯です。私たち夫婦に援助する余裕なんてなさそうです」

 そう言うのは、都内在住の60代男性だ。

 総務省の「家計調査」(2020年版)によると、40~50代の世帯の「純貯蓄額」は60歳以上の世帯の半分以下の金額にとどまり、現役世代の苦しい家計事情が窺える。親世代を養うどころではないことも多そうだ。

「この先はさらに現役世代の家計が苦しくなっていくでしょう」

 そう指摘するのは、「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾氏。

「現状でも苦しいうえ、この先も数年にわたってコロナ禍が続くと予想されます。実体経済が悪化するなかで、国の財政が逼迫して社会保険料や税金が引き上げられていくと考えられます。これからの定年後世代は、自分の暮らしは自分で守る必要が出てきます」

 とはいえ、50代までのようにバリバリ働いて収入を増やすことは難しい。そうしたなかで、60代以降に生活の柱となるのが「年金」に他ならない。

「家計調査を見ても、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)は収入の9割以上が公的年金です。年金が少なかったり未加入期間があったりすると、家計にとって大きな損失です。

 日本の年金制度は、『いずれ破綻する』『どうせ将来的に減額される』などのネガティブな取り上げ方をされることが多かった。たしかに、数多くの政策的失敗はありましたが、それでも年金は長い老後の生活の基盤になるもの。手続きを漏らさず受け取れるものは受け取り、増やせるチャンスがあるなら増やすことを真剣に考えたい」(北村氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。