マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「マネーポスト」2016年秋号 注目記事

値下がり限度を設定、為替ヘッジ…… 先行き不透明ないまは「 リスク限定型」投信で運用

2016年9月30日 19:00

 期待リターンを提示している投資信託は他にもある。りそなアセットマネジメントの「りそなラップ型ファンド」だ。安定型、安定成長型、成長型の3種類があり期待リターン(目標リターン)は、それぞれ2%、4%、6%だ。

 この商品はリスク限定型とはいえないが、安定リターンを目指したい場合には、検討の余地があるかもしれない。
 
 投資信託は、手軽に分散投資ができる商品として初心者にも使いやすいが、さまざまな特徴を持つ商品が出てきいるので、慎重に検討して自分の運用目的にあったものを選びたい。

投信のリスクはどうやって判断する?

 投資信託のリスクと言うと「値下がりする危険性」と考える人も多いだろうが、正確ではない。

 本来は「価格のブレの大きさ」をリスクという。リターンが同じであれば、途中の値動きが(ブレ)が小さいほうが安心感は高い。それを「リスクが小さい」というわけだ。

 投資信託のリスクを判定する指標に「標準偏差」がある。価格のバラつきを示すもので、数値が高いほど価格のバラつきが大きい=ブレが大きいということになる。標準偏差は、投信評価会社「モーニングスター」のサイトなどで確認可能だ。

 標準偏差を利用するひとつの方法として、カテゴリー平均と比較するのもいい。例えば新光投信の「新光 US-REITオープン」の過去3年の騰落率は12.53%(7月31日現在)。

 同じカテゴリーの投資信託の平均が9.43%なので、平均を3.1%上回る成績を残していることになる。

 一方で標準偏差は、同投資信託が15.73であるのに対し、カテゴリー平均は17.13となっている。平均よりもリスクが小さいにも関わらず、高いリターンを実現していることになる。

 一般的には、リスクが大きいほど大きなリターンが期待できるが、個別に見ていくと、リスクを抑えつつ、より高いリターンを狙うこともできる。

※「マネーポスト」2016年秋号に掲載

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。