マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

業務用食品スーパーの「アミカ」の特徴 冷凍食品に自信、目玉は「野菜」

2021年10月15日 16:00 女性セブン

冷凍ケース一列に冷凍野菜がズラリ(撮影/柴田 愛子)
冷凍ケース一列に冷凍野菜がズラリ(撮影/柴田 愛子)

 敷地面積の違いや品揃えの違い、プライベートブランド(PB)商品のラインアップなど、様々な個性を持ったスーパーマーケットが、しのぎを削る昨今。各スーパーの魅力と最前線を解剖するシリーズ、今回は48店舗を展開する業務用食品スーパーの「アミカ」を紹介する。

「アミカ」の店内に足を踏み入れてまず驚くのが、商品陳列の“美しさ”だ。メーカー名が見やすいようにラベルの向きがそろえられ、店員が随時店内を見回り、抜けた商品ですき間ができないよう奥の商品を前に出したり、補充をしている。安い食材を大量に買える業務用食品スーパーといえば、雑然とした店内イメージがあったが、完全に覆された。

「冷凍食品の品ぞろえには自信があります。数が多いからこそ、お客さまが商品を選びやすいよう、陳列と清掃は常に心がけています」とは、アミカ赤羽西口店店長桜井健博さん(「」内、以下同)だ。

冷凍コロッケだけでも何種類も(撮影/柴田 愛子)
冷凍コロッケだけでも何種類も(撮影/柴田 愛子)

 確かに、冷凍コロッケだけでも何十種類もあるので、雑然と並んでいたらどれを選べばいいかわからない。しかし、メーカーや商品名が見やすいよう並べられているだけで、手に取りやすい。

「コロッケや春巻き、餃子といった冷凍総菜も人気が高いですが、アミカの冷凍食品で目玉になっているのは冷凍野菜です。冷凍なので保存がきくためロスが出にくく、最後まで使い切れると好評をいただいております。また、野菜は天候によって値段が変動しやすいですが、冷凍野菜ならいつも同じ価格で手に入るのも魅力です」

 安い生鮮食品を大量に買い込んでも、使い切れずに捨ててしまえば意味がない。冷凍であれば大量購入しても傷む心配がないため、経済的だ。また、皮むきや下茹でといった下処理がされているので、調理の時短にもなる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。