マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

スーパー店員が明かす食材使い回しの現場 古米弁当、鶏肉3段活用…

2020年3月19日 16:00

スーパーの惣菜の食材使い回しの実態とは?(イメージ)
スーパーの惣菜の食材使い回しの実態とは?(イメージ)

 フードロスの観点から、食材をできる限り活用することは無論、理解できる。しかし、変色したり一部が腐敗していたり、衛生的に問題のある食材を再利用して総菜や弁当として販売している一部のスーパーも存在するので注意したい。

 中には、「中国産のたこ」など外国産の刺身を盛り合わせて原産地を表示せずに売っていたり、数か月前に作った冷凍のパン生地を使って焼き上げ、“焼きたてパン”とうたって販売しているスーパーも少なからずあるというのだ。

 そこで、本誌・女性セブンは現役スーパー店員に直撃。匿名を条件に重い口を開いた彼女たちの口から飛び出したのは、想像以上に「使い回し」が横行する実態だ──。都内大手スーパーの店員・Aさんが明かす。

「うちのスーパーでは、社長が使い回しはしないと公言していますが、実際の判断は各店舗の総菜売り場に任されています。私が勤める店舗では、かなりの食品を使い回しています」

 そもそもスーパーで「使い回し」が可能なのは、商品の表示方法にからくりがあるためだ。食品表示アドバイザーの垣田達哉さんが指摘する。

「いまの法律では、スーパーのバックヤードで作られた総菜をそのまま同じ店で販売する場合、原材料や原産地を書く必要がありません。加えて、製造日にもからくりがある。製造日は実際に調理をした日とは限らず、極端なことをいえば容器のふたを閉めた日でもいい。そもそも賞味期限自体、店の裁量で決めることができる。だから、製造日だけ見ても実際はいつとれた食材が原料かわからず、使い回し放題なのです」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。