マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

Jリート 価格下落時に狙い目となるセクターは

2016年10月5日 7:00 マネーポスト(雑誌)

 J-REIT(不動産投資信託。以下、Jリート)市場の好調が続いているが、英国のEU離脱ショックで大きく値を下げたように、今後も海外の情勢次第で大きく売られる局面がありそうだ。

 そうした際に狙い目となるセクターは何なのか。アイビー総研代表の関大介氏が解説する。

価格下落時に狙い目となるセクターは
価格下落時に狙い目となるセクターは

 * * *
 海外要因で一時的にJリート価格が下落するような場合、狙い目となるのが、外国人の影響が強いセクターの一つである物流系銘柄だ。

 中でも、スポンサーが米国系物流大手の日本プロロジスリート投資法人(3283)は時価総額が比較的大きく、外国人投資家の比率が高い。

 世界的にリスク回避の動きが出た時は、業績がよくても、外国人投資家に売られすぎる傾向があり、他のセクターより割安感が強まる。

 物流系では、日本ロジスティクスファンド投資法人(8967)にも注目したい。

 同銘柄は三井物産がメインスポンサーの日本初の物流リートだが、日本プロロジスリート投資法人が外国人投資家の売りを浴びると、つられて売られるという特徴がある。業績は好調なので、やはり売られすぎると割安感が出る銘柄だ。

 外国人投資家の比率が高く、リスク回避で売られると割安感が出てくるという意味では、ホテル系のジャパン・ホテル・リート投資法人(8985)もチェックしたい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。