マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

コロナ禍で根強い生活者の節約志向 消費を動かす鍵は「ネガの贅沢」か

2021年10月22日 15:00 マネーポストWEB

コロナ禍で根強い節約志向
コロナ禍で根強い節約志向

 日本銀行が9月に公表した「資金循環統計」というレポートに、気になるデータが載っていました。なんと、家計の金融資産が増加しており、過去最高にのぼっているとのこと。その額、およそ1992兆円(2021年第2四半期)。内訳をみると、現金・預金が約半分を占め、1072兆円。こちらも過去最高の金額に達しているそうです。平たく言うと今、日本の家計には最も多くのお金が蓄積されている、ということになります。

家計の金融資産は過去最高に
家計の金融資産は過去最高に

 コロナ禍の影響で、昨年から今年にかけて、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発出されていた期間は相当なものになりました。その間、外食やレジャーをはじめとする消費は落ち込んでおり、過去最高額の家計金融資産はまさに「コロナ禍でお金を使いたくても使い途がない……」という、消費意欲にフタをされた状況の現れとも言えそうです。

 一方で、コロナ禍以前から、低価格で手軽なファストファッションは好調。100円均一の割安な商品もよく売れています。他にも、買い物等で得られるポイントを効率的に貯める・使う「ポイ活」の盛り上がりなどを考えると、そもそも意識としては「あまりお金を使いたくない」気持ちが根強くあって、それが家計金融資産の着実な増加を後押ししているようにも思えてきます。

 10月に入り、緊急事態宣言は全面解除となりました。これで抑制されていた旺盛な消費意欲にエンジンがかかるのか、はたまた節約意識が根強く残っていくのか。今後の家計と消費を考える材料のひとつとすべく、生活者の「贅沢」と「節約」に関する意識調査を行いました(※調査概要は文末に記載)。

コロナ禍は節約ができて好都合?根強い節約マインド

まず自分の消費スタンスについてザックリと、贅沢したいほうか、節約したいほうか、どちらに近いかを聞いたところ、以下の結果になりました。

贅沢をしたいほうだ:51.1%
節約をしたいほうだ:48.9%

贅沢したいか節約したいか、結果は2分
贅沢したいか節約したいか、結果は2分

 結果は見事に拮抗。びっくりするほど僅差です。なお男女別でもその傾向は同様です。

男性:贅沢49.5%、節約50.5%
女性:贅沢52.6%、節約47.4%

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。