マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

今やポイントサービスは第2の通貨 「財布が膨らむ」心配はひと昔前の話

2021年10月26日 15:00 週刊ポスト

今や何枚もポイントカードを持つ必要はない(イメージ)
今や何枚もポイントカードを持つ必要はない(イメージ)

 買い物の会計時、「ポイントカードをお持ちですか?」と尋ねられる機会がとにかく増えた。今やあらゆる企業がポイントカードを発行するようになったが、「入会手続きがどうにも面倒そうで、財布の中もカードだらけになるのは嫌だし、『いや、結構です』と断わるばかり」(東京・60代男性)という声は少なくない。

「超低金利時代にポイントを捨てるのは合理的ではありません」

 そう話すのは、消費生活アドバイザーの丸山晴美氏だ。

「『たかだか数円のために……』と侮ってはいけません。現在、銀行の普通預金の金利は0.001%で、100万円を1年間預けてもらえる利息は税金を引くとわずか8~9円。対してポイントの還元率は0.5~1%です。この超低金利時代にポイントを貯めることは、自分のお金を減らさないために重要です」

 国内のポイントサービスの市場規模は2兆円を超えるとされ、今や“第2の通貨”といえるほどの普及を見せている。

 ただし、前出の男性のように財布が膨らむことを危惧する人は少なくないだろう。消費経済ジャーナリストの松崎のり子氏は「それはひと昔前の話です」と語る。

「買い物などで支払ったお金に対して0.5~1%などのポイント分が還元されるサービスは、当初は各企業が独自のサービスとして始めました。しかし、今では提携先ならどこでも使える『共通ポイント』が登場し、利便性が高まっています」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。