マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

元手が「もらったポイント」の投資 失敗してもマイナスにならない安心感

2021年6月17日 19:00 女性セブン

一般的な投資とポイント投資は何が違う?(イメージ)
一般的な投資とポイント投資は何が違う?(イメージ)

「ポイントが120円分溜まっていますが、どうしますか?」と、スーパーなどのレジで聞かれることも多い。その場でポイントをすぐに使うのもいいが、どうせなら「ポイント投資」で増やしてみる手もあるだろう。

 ポイント投資とは、スマホ決済やクレジットカードでの買い物で貯まったポイントを現金に換算して、株や投資信託などに投資する仕組みのこと。投資に使える主要なポイントは、「dポイント」「Tポイント」「楽天ポイント」「Pontaポイント」「LINEポイント」などで、1ポイントから投資できるサービスもある。

「いくらポイントでも、株を買うのは怖い」という人には、「ポイント運用」がおすすめだ。投資に詳しいファイナンシャルプランナーの山口京子さんが説明する。

「運用するポイント額を決めたら、実際に株や投資信託を購入するわけではなく、ポイントのまま運用します。たとえば、セゾンの『永久不滅ポイント』なら、提携している大和証券やセゾン投信などが、その時点の株価や指数に連動させて、投資したポイントをまるでお金のように運用してくれる。いわば投資の“擬似体験”ができる仕組みなのです。ポイント投資とは異なり、利益もポイントで受け取る分、口座開設も銘柄の選択も不要。心理的なハードルが低いので、投資を始めようか迷っている人の予行演習にも最適です」

 各ポイントのウェブサイトから、「ポイントを運用する」などと書いてあるボタンをクリックし、運用に回したいポイント額を指定するだけで始められる。2016年にセゾンの永久不滅ポイントがサービスを開始したのをきっかけに、dポイント、Tポイント、楽天ポイント、Pontaポイントなどでも取り扱っている。

たとえ大暴落してもマイナスには絶対ならない

 ポイント投資やポイント運用のいちばんの魅力は、一般的な投資と違って、元手が「もらったポイント」だということ。1年間で約380万円相当のポイントを貯めたポイ活マスターの紀村奈緒美さんはこう話す。

「もともと自分のお金ではないので、もし失敗しても、自分のお金はマイナスになることはなく、安心してチャレンジできます。また、執着心も生まれにくいので、株価の上下に一喜一憂したり、売り惜しんだりすることも少ない。ゲームのような感覚で、冷静に運用の練習ができるのもメリットです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。