マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コメダ珈琲店 なぜ名古屋から急ピッチで「全国制覇」できたのか

2021年11月19日 7:00 週刊ポスト

名古屋市発祥の喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」は全国で900店舗以上を展開
名古屋市発祥の喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」は全国で900店舗以上を展開

 名古屋に根付く喫茶店の「モーニング文化」を全国各地に普及させた立役者が、名古屋市発祥の喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」だ。

 コメダ珈琲店は1968年に創業され、2003年以降、全国へと出店を拡大。2019年6月に全47都道府県への出店を達成した。店舗数は現在927店(2021年10月末時点)に上る。

 なぜ名古屋から全国にこれだけ急ピッチで進出、拡大できたのか。名古屋市出身で、喫茶店の経営と生活文化に詳しい経済ジャーナリストの高井尚之氏が語る。

「近年の急拡大の理由の一つに、9割超が直営店のスターバックスとは対照的に、フランチャイズチェーン(FC)店が9割以上を占めることが挙げられます。全国から出店オファーが寄せられる中で、直営店よりもFC展開のほうが開店までのスピードが速い機能的な強みがあります。

 加えて、名古屋めしブームを追い風に“他地域がイメージする名古屋のお得な喫茶店”の象徴になっている情緒的な強みを持ちます」

 その魅力の象徴がモーニングサービスだ。開店から午前11時まで、ドリンク代のみでトーストと1品(「定番ゆで玉子」「手作りたまごペースト」「名古屋名物おぐらあん」のいずれか)が付いてくる。

「新聞・雑誌は読み放題、コーヒー前売り回数券を買うと1杯分お得になる。モーニングもそうですが、名古屋の人はオマケと元をとるのが大好きなんです。全国展開しても“お得感”はそのままにメニューを提供している。それが日本中の顧客にウケたのでしょう」(同前)

 コロナ禍ではコーヒーチェーン店も大きな打撃を受け、各社が苦戦を強いられているが、コメダホールディングスは10月13日に発表した2022年2月期中間決算でも売り上げ収益は21.6%増(前年同月比)で過去最高を記録した。

「注目すべきは既存店の売り上げが伸びていること。地元住民が利用しやすい生活圏にある店舗で、学生から主婦、通勤前後のサラリーマンなどの根強い常連客がついていることが強みになっている」(経済誌記者)

※週刊ポスト2021年11月19・26日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。