マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

新マイナポイント「最大2万円分」を満額受け取るための基礎知識

2021年11月26日 7:00 週刊ポスト

マイナンバーカードはスマホでも申請可能(イメージ)
マイナンバーカードはスマホでも申請可能(イメージ)

 政府が保有者に対して「最大2万円分のポイント」を付与することを打ち出したことで、改めて「マイナンバーカード」に注目が集まっている。与党は新たにマイナポイントを申請すると5000円分、健康保険証の利用登録と預貯金口座の登録でそれぞれ7500円分のポイントが付与されるという内容で合意し、すでに自治体の窓口には問い合わせが急増しているという。

 2万ポイントを確実に受け取る方法について、消費生活アドバイザーの丸山晴美氏が解説する。

「まずはマイナンバーカードの取得が必須。申請には、すでに送付されている『個人番号通知書』に記されている23桁の申請書IDと生年月日、電話番号、メールアドレス、本人の顔写真が必要です。スマホやパソコンがあれば自宅で簡単に登録できますが、ない場合は街の証明写真機か、役所から取り寄せた手書き用の申請書でも申し込みが可能です」

 スマホがあるなら、自撮りした写真とともに専用サイトで登録を行なう。市区町村役場から手書き用申請書を取り寄せた場合は、必要事項を記入して役所に送付する。もしも申請書IDが記入された通知書が手元に見当たらない場合、市区町村役場の窓口で入手できる。

 マイナンバーカードの申請から約1か月で「交付通知書」が役所から届くので、運転免許証などの本人確認書類を持って役所に受け取りに行く。そこで4桁の暗証番号を設定すると、マイナポイントへの登録が可能になるが、注意が必要だ。

「勘違いしやすいのですが、マイナンバーカードを作れば5000円分のポイントが自動で付与されるわけではありません。対象となる電子マネーやクレジットカードなどのキャッシュレス決済サービスのいずれか1つをマイナンバーカードに紐づけないといけません。その上で、買い物やチャージなどで2万円分を使うとその25%、最大5000円分のポイントが付与されるのです」(丸山氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。